home 

Yoko Matsushita

わたし

 松下 陽子 (じゅん)
1969年10月生まれ てんびん座、O型。

2001年暮れに実家の父をガンで亡くし、寂しい思いをしていた頃にミドルトン社の抱き人形に出会いました。はじめてミドルトン社の赤ちゃん人形を抱いたとき、自分の子供たちを抱っこしたときと同じような「幸福感」を感じました。こんな気持ちにさせてくれる抱き人形ってスゴイ!!と大感動!自分でも作ることができたら・・・と思ったのがきっかけでした。

2002年 1月〜 ミドルトン社の人形に出会う。ソフトビニール製のベビー人形のカスタム方法を通して基本的な体のつくりなどを知った。
2002年 5月〜 粘土ベビーを作り始める。ミニサイズが主流でした。
2002年 10月〜 「ちっちゃいものクラブ」サイトオープン

2003年 1月〜  1/1付で開業届けを税務署に提出 晴れて自営業に(笑)

2004年 4月〜 Doll-Fan デビュー ベビーのサイズは35cm前後が主。
2004/6/17 NHK福島『はま☆なか☆あいづ』で放送されました。
2004/7/31 相双地区情報紙『エルネット』に掲載されました。
2004年 10月〜 憧れのアーティストOlivia StoneさんのOOAKをお迎え。憧れの人が出来たことで将来の夢がはっきりしました。今後はライフサイズに切り替えることを決意。

2005/1/14 フジテレビ「ザ・ジャッジ」からの依頼により粘土ベビー製作。番組内で使用されました。
2005年 7月〜 アシュトンドレイク社に「一郎くん」をはじめ5体を買上げていただきました。
2005年 10月〜 アメリカの人形ショップ『Diane's Doll Shoppe』から委託販売のご依頼
2007年 8月  福島県浜通り地区の無料情報紙「info」9月号に掲載されました。

2011年3月11日  東日本大震災で被災。人形づくりは完全にストップ。ホームページも閉鎖

そして・・・

2017年3月11日 人形づくりとHP再開!!しました。



「じゅん」というのはわたしのハンドルネームです。もともとは高校時代の友人の名前です。その子はわたしとは正反対の人懐こく可愛い子だったので、ネットの世界でぐらいはそうなりたいなぁという軽い気持ちで使い始めた名前でした。海外の人形関係サイトでもjunと名乗っているために、皆さん気軽に「Hi jun」と呼んでくださいます(笑) 
 当初beestan.comというURLでしたが、海外の方にもわかりやすいようにとyokosbabies.comにURLを変更。それ以後はjunではなくYokoという個人名で活動をしています。最近は「じゅん」と呼ばれるのは日本の方からだけです。


結婚してから「誰々さんとこの嫁」「誰々の奥さん」「誰々のお母さん」というような存在でしかなく、別にここにいるのはわたしじゃなくてもよかったんじゃないか?わたしの存在価値ってなんなの??と思い悩む日が多くありました。粘土ベビーを作るようになって、わたしはそこに自分の存在価値を見出すことができました。「ちっちゃいものクラブ」のウェブサイトはデータでしかなく実際にお店が存在するわけではありませんが、ここはかけがえのない「自分だけの世界」です。自分でウェブサイトを構築しています。もちろん人形にも、自分しか出せない個性を持たせたいと思っています。
腕はまだまだ未熟ですので、毎日修行の日々ですが(苦笑)

わたしはミシンを一切使いません。
ミシンと相性が合わないせいもありますが、なにより手作りのあたたかみを感じていただきたいからです。一針一針手縫いするのは時間がかかりますが、これもわたしの「こだわり」のひとつです。粘土の部分はもちろんのこと、目に見えない部分も納得がいくまで何度も作り直します。

OOAKの本場である海外でも通用するような、リアルなOOAKベビーを誕生させることができるようになる・・・というのが現在の夢です。憧れのアーティストは大勢いますが特にEva Helland さん、Olivia Stone さんが大好きです。Olivia さんからお迎えしたOOAKベビーはわたしの宝物です♪
オリビアベビー
        
粘土ベビー製作から製作ホームページ作成、発送作業まですべてひとりで作業しておりますので、至らない点もあろうかと思いますが皆様に愛される作り手でありたいと思っております。どうぞよろしくお願い申し上げます。

■ホームページについて
震災後からHPを閉鎖している間に、世の中が大きく変わりました。小学生でさえ携帯を持つようになり、LINEやツイッターなども・・・当時は「BBS」(掲示板)が主流でしたが今はもう絶滅してブログになってますよね〜。

ということで、HPを再開はしたものの、まだまだいろいろ準備中の箇所があります。しばらくはご容赦くださいませ。